収納を克服しよう!今日から始める転勤族の収納術

総合評価: 4.035 件のレビュー)
引っ越し先

2月に入りましたね。新年を迎えて一息つきたいところですが、早い方は4月の異動が決まった方もいるのではないでしょうか?今の住まいでの収納も満足していないのに、引っ越し先の収納もどうしたらいいのか…。その不安をすっきりさせましょう!



引っ越しは断捨離の絶好のチャンス!


断捨離とは、不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることを目的としています。ものを減らすことが、整理収納の基本です。


引っ越しから一度も段ボールから出していないもの、この一年一度も着ていない服は、必要でしょうか?思い切って処分できないという方は、リサイクルショップやアプリなどで売ってみるのもいいと思います。


ものが減る=無駄な時間が減るので、時間にも余裕ができますよ。



「きっちり完璧に収納する!」という気持ちは捨てましょう


私自身、以前はそう思っていましたが、それにはお金もかかるし、次の住まいでは使えないかもしれない。そう悩んでいる間に片付かないという状況が続き、それがとてもストレスでした。


私が思う転勤族の収納のコツ、それは頑張らないこと。次の引っ越し先では同じ状況は作れません。いつ引っ越しになるかもわかりません。収納に費やしたものを無駄に感じてしまい、精神的、経済的にも負担になります。どこに何があるか把握していて、出し入れしやすければいいのです。


カーテン目隠し

*リビングにあるクローゼット。引っ越し前後に購入したバラバラの収納グッズでごちゃっとした印象のため、カーテンで目隠し。



どこの住まいでも使える収納を選びましょう!


参考にできるのではという点を3点まとめてみました。


① 突っ張り棒や、サイズ調整できるものを利用する…使用する箇所・目的が変わる場合はあります。


②既存のものに買い足したいときに、どこにいても手に入るものを選ぶ…全国チェーンのお店や、通販等利用する。


③なるべくソフトな収納グッズを選ぶ…必要がないときにスペースを取らずにしまっておくことができます。特に1年間で量が変動するもの。(例えば衣替え。冬と夏ものと量が全くかわってきますよね。)


コート掛け

*冬の時だけ使いたいコート掛け。突っ張り棒なので、使わない時期も場所をとりません。その後ろには頻繁に使用しないストックなどが入った引き出しがあります。


今回は、転勤族の収納についてご紹介しました。まずは断捨離から始めてみましょう。クローゼットの一番奥にあるもの、何かわかりますか?把握ができていなければ、不必要なものかもしれません。今日から少しずつ始めてみましょう。


~記事はあくまでも一例です。tenkin-noteは、転勤族の転勤が「転機」に、そして楽しい転勤生活になるよう応援しています。~


写真・文:はるな/夢はスーパー主婦


※はるなプロフィール:千葉出身、二児の母。転勤族。大学卒業後、家事代行会社勤務。スタッフ研修を担当。物心ついた頃から家事が好き。「HaRu.」としてアクセサリーを手がける。趣味は体を動かすこと、美味しいものを食べること。