「転校生支援プロジェクト」始動します

総合評価: 4.035 件のレビュー)
転校00
親の転勤やその他諸事情で転校をする子どもたち。
そうした子どもたちは新しい環境に1人で飛び込んでいくことになる。

転校をきっかけにいじめにあったり、不登校になったという話も聞く。
その一方で「転校してよかった」と成長の機会にできた人もいる。
転校が本人や親たちにあたえる影響はとても大きい。
しかし、これまで転校に関する支援はほとんどなかった。

転校1
「転校」を上手く乗り切り、よい「転機」にできる方法があるのなら、
その法則を導きだして多くの親子にシェアしたい。
それはきっと、入学や進学など新しい環境に飛び込んでいく
すべての子どものヒントにもなりえるから。

転校2
転校を「研究」し成果をシェアしながら、
転校生同士やその親同士を「つなげる」ことに取り組りくみたい。
TENKIN LABが支援プロジェクト立ち上げます!

<プロジェクト内容>


01 アンケート&インタビュー調査
経験・知見・困りごとの情報を収集するためにWEBアンケートを実施。さらに、転校経験談・エピソード、心配事などを収集するために、転校経験者や、転校生の親、転校生を受け入れたことのある教師、これから転校を控えている子の親などにインタビュ―の協力をいただく。

02 文献調査
先行文献、書籍で研究をしつつ、仮説をたてて転校生応援テキスト「転校虎の巻(仮)」を作成する。転校に関する書籍や絵本などは、都度情報のシェアもしてく。(ex.文献例:「新しい出会いを活かして」小泉令三著 北大路書房

03 「転校虎の巻(仮)」&「転校パスポート」制作
これまでの調査を含め、転校生が転校をうまくのりきるためのコツや転校生の親の心構えと子どものケアポイントなどをまとめた「転校虎の巻(仮)」をはじめ、転校生受け入れ先とのコミュニケーションをとるためのシート「転校パスポート」を制作(サイトから無料ダウンロード可)。

04 オンラインワークショップの開催 2022年2月ー3月開催
転校生応援テキスト「転校虎の巻(仮)」を使用し、「生きる力」教育の関美佳氏を講師に迎えて講座を行う。コツを伝えると同時に、悩みや体験のシェアも重視。オンラインだからこそ同じ立場の子ども同士が出会え「自分ひとりではない」という気持ちを共有。親対象のワークショップも開催。

05 動画制作
当日ワークショップに参加できなかった子どもや、こののち転校を控えた子や親が参考にできる動画を制作。子どもが観て「転校生を応援している大人(親・教師・第三者)がいること」「転校仲間が自分以外にもいること」が伝わる内容。「今度転校することになった!」というときに一番初めに目にする情報に。

転校生支援プロジェクト
⚫️プロジェクトへのお問い合わせはコチラ
⚫️ワークショップ参加方法やプロジェクト進捗情報はこちらのサイトまたはコチラからチェックできます

関連記事