靴収納少ない…引越しが多い人にオススメの靴収納紹介

総合評価: 4.035 件のレビュー)
靴収納

玄関の靴収納が足りなーい!そんな経験ありませんか?賃貸マンションは比較的玄関の収納が少ないところが多く、我が家の下駄箱収納も玄関の壁に対して1/3の面積しかないほど玄関の収納が少なく困りました。私が工夫してきたことを紹介します。



靴は玄関に収納しなくてもいい?


靴は玄関に収納しなければいけないという概念を捨てましょう。子どもがいるため履かなくなったヒール靴、冠婚葬祭に履く靴、季節柄履かない靴など、玄関ではないクローゼットやほかの収納の場所に収納しましょう。普段使うものだけ玄関に収納することでそれだけでもすっきりします。



玄関を広く使う収納


靴収納

各メーカーからスリムに収納する収納グッズが出ています。我が家では靴を斜めに立てかけるタイプの収納グッズを使っています。横に並べるタイプのものより幅をとらないためすっきり収納することができます。同じものを横に並べることも、上に重ねることもできるので、靴が増えても簡単に収納量を増やすことができます。このようなグッズは、引っ越しの際、次の場所で使用しなければ簡単に捨てられるというのも購入しやすい点です。



隙間も利用しましょう!


下駄箱下の隙間。そこに収納しないなんてもったいない!キャスター付きのもので引き出すタイプの収納グッズを利用すると、収納力がアップします。
我が家の場合、100円均一で材料を揃えて作りました。
【材料】1足分(パンプスなどかさばらないものであれば、2足収納できます)
1、植木鉢を移動させるキャスターがついているもの(ガーデニングコーナーにあります)
2、結束バンド(Lサイズなど長めのものだとどんなものでも対応できます)
3、A4サイズ程度の収納カゴもしくはケース(結束バンドが入り固定できる隙間があるもの。1と合わせた高さが、下駄箱下に入るように選んでください。)


【作り方】
材料1と3を結束バンドで留めるだけ!余分な結束バンドの部分は切りましょう。
下駄箱下に収納して引っ張れば、スッと履きたい靴が出てきます。手前から使用度が高いものを収納していくと、さらに使いやすくなります。


靴収納
隙間収納

なるべく靴を増やさない。それができれば一番いいのですが、家族が多ければ多いほど増える靴。隙間や、収納面積を抑えて収納することでより広々とすっきりした玄関になります。外出時に必ず通る玄関。気持ちよくお出かけできる玄関にしましょう!


~記事はあくまでも一例です。tenkin-noteは、転勤族の転勤が「転機」に、そして楽しい転勤生活になるよう応援しています。~


文:はるな/夢はスーパー主婦


※はるなプロフィール:千葉出身、二児の母。転勤族。大学卒業後、家事代行会社勤務。スタッフ研修を担当。物心ついた頃から家事が好き。「HaRu.」としてアクセサリーを手がける。趣味は体を動かすこと、美味しいものを食べること。