【参加者募集】転入者あつまれ!東京都・青梅市まちとつながる旅

総合評価: 4.035 件のレビュー)

「人と人がつながる 青梅のまちとつながる旅」のご案内


圏央道の青梅ICをおりると、広々とした畑が続く「東京都・青梅市」。
畑
東京の西に位置するこの市は、地方と都心のちょうど真ん中にある暮らしができるところ。
中央線と青梅線の直通運転でつながっているため、一本で都心に出ることが可能。しかも始発駅が近いので座って通勤できるのも魅力です。


御岳

都心に通勤できるのに、ここが東京とは思えない豊かな環境が広がっています。
都心ではまず考えられない出来事の連続。
シジュウカラが自宅庭の巣箱で巣作り。リビングにいながら巣作りから巣立ちまで観察できたり、
カブトムシを取りにいくまでもなく、庭に飛んできたのを捕まえて飼ったことも。遠足で「鹿がいた!」という話はしょっちゅう聞くな、と思っていたら、小学校の校庭に天然記念物のニホンカモシカが迷い込んだ、という事件も!?小学校の昇降口には、へびの写真付きで特徴や毒があるかどうかなどの情報が貼りだされていたり,などなど。


子どもたちの自然に対する態度というのも親から見て頼もしく感じられます。
それもこの豊かな環境があったからこそ。


この自然の土地と利便性に惹かれて移住してくる人も最近は増えており、青梅駅近辺には、以前あったお店を改修して新たなショップが立ち上がっています。都心にはない、人と人がつながれたり、地域の良さを感じられたりするお店が増えてきた印象です。実は、昔の映画看板がまちに溢れていたり情緒も感じられるまちでもあります。


◆こんな方にオススメ!
・地方移住に憧れる。
・自然豊かな土地で子どもをのびのびとした環境で育てたい
・地方もいいけど、時々は都心に行きたい
・深呼吸した生活をしたい


高尾山は観光で有名だけど、青梅ってどんなところ?って思った方も含めて、一度、青梅市にいらしてみませんか?


青梅の秋を満喫できるこんな企画をご用意しました。


まちとつながる旅

バスツアー詳細


日時:11/24(日) 9:15~16:00
集合場所:9:15 ①青梅市役所 (JR東青梅駅から徒歩5分)*駐車場あり
9:30 ②JR青梅駅前ロータリー
移動: バス
参加費:大人(中学生以上)1500円、子ども(4歳~小学生)800円、3歳以下 無料
*奥多摩フィッシングセンター使用料、軽食(釣った魚とおにぎり)、さつま芋2株(持ち帰り用)、カフェでの飲み物代を含む
服装・持ち物:汚れてもよい服装、軍手、ビニール袋(持ち帰り用)



ここがポイント!


1.紅葉の中、奥多摩フィッシングセンターで魚釣り。釣った魚はその場で焼いて食べられます。自然の中で食べるご飯は格別!焼き芋も作っちゃおう~


紅葉
魚

2.昭和レトロな街なみが自慢の青梅駅前を散策。
今年9月にオープンしたばかりの裏通りにあるカフェ、地ビールとおいしい料理で話題のお店などを紹介します。


D/Wカフェ

3.青梅インターチェンジ近くの広々とした畑で、芋ほり。秩父の山並みを見渡せる絶景ポイントでもあります。


さつまいも

4.動いた後は、新町にあるカフェで休憩。長野の古民家を移築して建てられたカフェは、木のぬくもりを感じる素敵な建物。地元では子育てママが集まるスポットとなってます。
地元の不動産会社が運営するカフェなので、移住を考えている方には青梅の住宅事情なども知ることができます。


カフェむく

申込はこちらから


ツアーの申込締切は、11/10(日)。抽選を行い、当落に関わらず、11/15には結果をお伝えいたします。移住とまでは考えてなくても、「青梅」という土地をまずは知っていただきたい!と、親子でも楽しめるように企画したこのバスツアー!ぜひお気軽にお申込みください。その他ご不明な点は、申込時に上記フォームでお問合せできます。もしくは、tenkinnote@gmail.comへ。


既に青梅市在住の転入者、昔から住んでいる方もどなたでも参加は可能です。ぜひみんなでつながりましょう。まちと人とつながれる旅をあなたにーー。

主催:転勤ノオト 青梅
共催:青梅市
協力:(有)榎戸園、自転車コーキ屋、健幸工房シムラ、(株)まちつくり青梅

関連記事