ワンオペ転勤妻、3人育児であきらめたこと

総合評価: 4.035 件のレビュー)


実家が遠かったり夫が忙しかったりと、頼れる人が近くにいないことの多い転勤妻。さらに我が家は、土日も夫が仕事でワンオペ状態!
一人で家事育児をこなすのは想像以上に大変で、特に3人目が産まれてからはあきらめたことがたくさんありました・・・・というと一見ネガティブに聞こえるかもしれませんが、”あきらめる”というよりも”やらないと決めたこと”かもしれません。ママが笑顔でいるためには”頑張りすぎないこと”がとっても大切だと思っています。

今回は3人の子ども達を育てる中で、”あきらめたこと”を考えてみました。

 

遠くにお出かけ


我が家の末っ子はまだ1歳になったばかり。オムツにおしりふき、予備の着替えなど、お出かけするにはたくさんの荷物が必要です。
大量の荷物を持って、抱っこ紐に上の子二人の手をつないで・・・・と想像しただけでお出かけのハードルはあがります(笑)

大人1人だと、ハプニングに対応するのが難しい場面も多々あったので遠くへのお出かけは、今はあきらめています。
遠出する時間は、のんびりと子ども達に付き合う時間へチェンジ。近所のお散歩も、寄り道しながら満足するまで子ども達のペースに付き合うと、嬉しいようです。

また、お家での遊びを充実させることも意識しています!
・お布団を積み重ねて、トランポリン遊び
・宝探し
・ベランダでピクニック
など、平日はできないことなら何でも楽しいようです。

 

予定をたてる




まず、子ども達が3人とも予定日当日に元気いっぱいとは限らない!
ワンオペ転勤族最大の難関。すぐに頼れる人が近くにいないので、予定を立てる時はとっても慎重です。
我が家は基本的に「ノープラン」。お出かけもやりたいことも、その日の天候や気分で決めています。

そうは言っても、学校行事や検診などやむを得ない予定もありますよね・・
そんな時はできるだけ余裕を持ってスケジュールを立てるようにしています。

期限ぎりぎりに予定を入れないだけでも、心の余裕は違います。予定は詰め込みすぎず、1日1つまで。
せっかくだから、アレもコレもやっておこう!と欲張ってしまった時に限って、体調不良・・・なんてこともありました。

頼れる人が近くにいない時はママが一人で背負うことになるので、無理はしないようにしています。

 

一人一人と遊ぶ




できれば子ども達それぞれとしっかり向き合って遊びたいのですが、一人に集中していると他の子が嫉妬して割り込む割り込む!そこからケンカに発展することも多々ありました。

そこで、全員参加できる遊びに変えたところ平和に過ごせるように!

風船遊びにお絵描き・おままごとなどを、1歳児も小学生もそれぞれが楽しめる工夫をしています。
お絵描きに使う道具は年齢別に描きやすいものを揃えたり、おままごとグッズは幼児が口にいれても大丈夫な素材を選ぶようにしています。

 

 

家事に育児に大変な毎日で、全てを完璧に、理想通りにするのは無理でした(笑)

イライラ疲れちゃうより、笑ってるお母さんがいい!
とにかくママがご機嫌でいられる方法を見つけることが、何より大切なのだと思います。

そのために、何をあきらめるのかは人それぞれ。

次回は”あきらめなかったこと”についても記事にしたいと思います

 

~記事はあくまでも一例です。tenkin-noteは、転勤族の転勤が「転機」に、そして楽しい転勤生活になるよう応援しています。~

文:渋田ゆうこ/ライター

※渋田ゆうこプロフィール:1歳から小学生まで3人の子育てをしながら、ライターとして活動中。
結婚後、10年で7回の引っ越し経験アリ。得意なことは断捨離です。