【終了しました】情報交換しよう!8月転勤族ママ会(全国対象)

総合評価: 4.035 件のレビュー)

TENKIN NOTE mamasky主催】
☆情報交換しよう!地域の特産を知ろう、味わおう!転勤族ママ交流会☆


毎月開催しています転勤族ママ交流会。今回は会場を変えて、高岡市のCOMSHOKU内スタジオにて開催いたします。富山市にお住まいで今回はちょっと遠いな、と思う方はオンラインでもご参加いただけますよ。ご希望あれば、オンラインも開催いたしますので、申込時にその旨お伝えください!


転勤妻交流会

さらに、6月からは「転勤ママたちで地域の良さを発見しよう」ということで、TENKIN NOTEオススメの地域グルメを味わったり、文化に触れたりする企画もスタート!


8月のテーマは「富山県の手土産をみんなで食べよう!」


今年はコロナの影響で、実家に帰省したくてもできない方も多いはず。帰省をきっかけに富山の味を楽しむ予定だった!というママ達のために今回はこのテーマにしました。
当日はスタッフがオススメの富山手土産を持参するので、みんなで食べ比べしましょう。


■イベント名:転勤族ママ交流会(全国対象)
■開催日時:2020年8月26日(水)10時~11時半頃
■開催場所:COMSHOKU内スタジオ(高岡市戸出町4-3-28) or ご自宅 *オンラインで参加の方はご自宅から参加できます
■対象:転勤で現在住んでいる地域に来られた方で、今後転勤する可能性がある方
※転勤族・県外出身のママさんが働きやすい環境をご提案できる情報をお持ちの方のご参加も歓迎します!
※ママでなくても転勤でお悩みをお持ちの方はお気軽にお越しください
■参加費:500円 (オンライン参加の方は送料込み 1000円)
■定員:8組程度(オンライン参加の場合の定員は特にありません。)


◇4月に転勤にきたけど、外にも出れないので、お友達が作れず辛い!
◇こんな時、どこに行っていいか分からない
◇ママ友があまりいなくて、相談できる相手がいないんです…
◇いつ転勤の辞令が出るか分からないから「働けない!」
◇保育園・幼稚園選びの仕方って?
◇両親が近くにいないから誰に頼ればいいの?
など、みんなでいろんな情報交換をしましょう!


みなさんお気軽にご参加ください。
参加方法や申し込みなど詳しい情報はコチラからどうぞ



~2020年3月 初!リアルxオンライン「転勤族ママ交流会」開催報告~


ここで3月に初めて開催したリアルxオンライン転勤族ママ交流会の様子をご紹介します。



毎月開催している「転勤族ママ交流会」。これまでは、富山mamasky houseにてリアルでの交流会を行ってきましたが、今回はコロナ感染予防対策として、初!リアル✖オンライン交流会を開催しました。
今回リアル初参加の方は4名いらっしゃいました。前から気になっていたけどなかなかタイミングが合わなくてようやく参加できましたと声をかけてくださる方もいらっしゃって、嬉しい限りです。そして、オンラインは、東京、千葉からのご参加がありました。


今回のゲストスピーカーは、金沢市在住の整理収納アドバイザー・田中由美子さんです。
引っ越しを何度も経験したことで整理収納に興味を持ち、アドバイザーの資格を取得され、現在、北陸初!!親子の片づけのプロとして活躍中です。


私たち転勤族にとって、切っても切り離せない引っ越し。そして、片付けと収納。今日はいつも以上に前のめりで話を聞いてしまう回になること必至!そう思ってワクワクしながらの参加でした。


お片付けに関するお悩み、私だけではありませんでした。
子どもが片付けてくれない、自分自身が片づけが苦手、そもそも何をどこに片付けたらいいのかわからない、などの質問やSOSが!


田中さんの説明してくださるお片付けメソッドはとてもわかりやすく、丁寧で、親子一緒にやることの大切さを教えてくださいました。

断捨離という言葉が当たり前になりましたが、片付け=捨てるがすべてではありませんでした。人それぞれ、必要なもの、大切なものは違います。それは、一つ屋根の下に住んでいる家族でも同じ。

人から見たら手元に置いておく必要がなさそうに見えるものでも大切なものだったりします。子どものものであっても同じ。だから、親が一方的に片付けるのはタブーなのです。
これには、ママたち「おぉぉ~」と大きく頷いていました。
一緒に選別して、その子が片付けやすいやり方を考えることが必要だったんですね!!

そして、棚への収納もやりやすい方法は人それぞれ。本の並べ方や配置の仕方も、大人に理解できないことがあるかもしれませんが、「この置き方(並べ方)はどう?」と提案して、拒否されてしまったら、そこは使う本人の意見をぜひ尊重してくださいとのこと。
うまくことばにできないかもしれませんが、その子にとってベストポジションなんだそうですよ。

年度末、幼稚園や学校から作品などいろいろ持ち帰ってきて家があふれかえってしまいがちですが、お片付けをするにはGoodタイミング!!残すもの、処分するもの、写真を撮るもの、話し合いをしながら一緒に片づけを楽しみたいですね。

関連記事